国内で最も安全な金融商品

fami2

国債とは、国が必要な資金を調達するために発行する借用証書のようなもので、利払い日に利子が支払われ、満期時に額面金額で償還されるという仕組みになっています。

発行体である日本という国が破綻しない限り元利金が保証されるため、国内で最も安全な金融商品といえます。

さらに個人向け国債とは、個人が購入しやすいよう工夫がこらされた国債です。

主な特徴は、

1.「変動10年」
2.「固定5年」
3.「固定3年」

の3タイプから選べる、毎月募集および発行が行われており1万円から購入できる、一定期間が経過すれば請求に応じて国が買い取る中途換金制度がある、という点です。

1の「変動10年」は、半年ごとに利払いをする際に次の半年間の適用金利を見直す変動金利のタイプです。その適用利率は「10年固定利付国債の金利×0.66」に基づき決定されますが、もし経済環境などにより実勢金利が大きく下がっても、0.05%(年率)の最低金利保証が設定されています。

2、3の「固定5年」と「固定3年」は、発行時の適用金利が満期まで変わらない固定金利のタイプです。

適用利率は市場で取引されている国債の実勢金利から割り引いて決定されますが、こちらも0.05%(年率)の最低金利保証が設定されています。

2、3の固定金利の債券は、今後金利が上昇しても今の低い金利で固定されてしまい、不利になる点に注意が必要です。

一方、1の「変動10年」は購人後に金利が上昇しても、適用利率も連動して上昇します。今後の金利上昇リスクを考えると、変動10年を選ぶのが得策です。

個人向け国債は原則的に、発行から1年経過後は、1年分の利子を放棄することでいつでも換金可能です。最低購入単価は1万円以上1万円単位と買いやすい設定です。いつでも好きな金額で、銀行など最寄りの窓口で購入できるというのも使い勝手のよい点です。

<続く>

>>>定期預金高金利キャンペーン比較はこちら

Read More

個人年金保険の最大のメリット

fami2

個人年金保険は、「定額個人年金保険」と「変額個人年金保険」の2つに大きく分けられます。

「定額」と「変額」の最も大きな違いは、契約時点で将来受け取る年金額が確定しているかしていないかという点にあります。

近年では、特別勘定の運用がうまくいかなくても、年金受取り開始時の年金原資を最低保証するタイプや、将来の受取年金額の合計額を最低保証するタイプなど、さまざまな商品性のものが登場するようになりました。

とはいえ、個人年金保険の最大のメリットは、定期的にお金を受け取っていけるという点です。

リタイア後に安心してお金を使っていくためには、定期的にお金が入ってくるシステムを作るのが有効だと思われます。

そのための商品として最も適しているのが個人年金保険だといっても過言ではないでしょう。

昨今の予定利率の低さからすると運用利回りはあまり期待できませんが、安心して使っていくことが第一目的なら、変額ではなく、定額の個人年金でもまったく問題ないといえるでしょう。

将来のインフレや円安に備えるためのポートフォリオ運用も多少は考えながら、将来の定期的な受取りも考慮したいなら、変額個人年金保険にして、特別勘定のファンドを国内株式や外国債券などで運用しているものに分散して保有するようにすれば、変額年金でもポートフォリオ運用を行う形にはなると思います。

ただし、運用商品という観点で見ると、コスト負担などは個人年金保険よりも一般の投資信託のほうが割安なケースが多いので、あくまでも受取りをメインに考えるべきでしょう。

ちなみに、受取方法にも種類があって、一長一短があります。どの方法がベストかも一概にいえないので、自分のリタイア後の計画に合った方法を選択するようにしましょう。

<続く>

>>>定期預金高金利キャンペーン比較はこちら

Read More

個人年金保険は定額がいい?変額がいい?

fami2

個人年金保険は、「定額個人年金保険」と「変額個人年金保険」の2つに大きく分けられます。

「定額」と「変額」の最も大きな違いは、契約時点で将来受け取る年金額が確定しているかしていないかという点にあります。

「定額」の個人年金保険は、原則として契約時点で将来の受取年金額が確定します。将来の契約者配当金の額や、終身年金の場合には亡くなる年齢が前後することなどによってトータルで受け取れる年金額が多少変動することもありますが、基本的には保険証券に記載された年金額を受け取れるようになっています。

一方、「変額」の個人年金保険は、原則として契約時点では将来の受取年金額は確定しません。一般的な商品性の変額個人年金保険は、年金を受け取り始めるまでの運用期間中の運用成績によって受取年金額が増減します。

運用がうまくいけば多くの年金を受け取ることができ、運用がうまくいかないと少ない年金しか受け取れないわけです。

そして、この変額個人年金保険の運用は、通常の生命保険や定額個人年金保険などの資金をまとめて運用している一般勘定とは別に、特別勘定という複数のファンドから契約者が運用方法を選択して行うのが一般的です。

投資信託のようなもので運用しながら、将来その成果を受け取る形になるので、変額個人年金保険は「投資型年金」と呼ばれることもあります。

近年では、特別勘定の運用がうまくいかなくても、年金受取り開始時の年金原資を最低保証するタイプや、将来の受取年金額の合計額を最低保証するタイプなど、さまざまな商品性のものが登場するようになりました。

<続く>

>>>定期預金高金利キャンペーン比較はこちら

Read More

医療保険はあまり必要ない

fami2

公的医外保険(健陳保険など)には高額療養費という制度があり、医療費の自己負担が高額にならないように、1か月間の自己負担限度額が決められています。

一般の所得の人なら、月100万円の医療費(窓口負担30万円)がかかっても、自己負担限度額は9万円弱なのです。

窓口で負担した金額との差額は、あとで戻ります(入院・通院とも、事前に届け出れば、窓口負担自体が自己負担限度額までとなる)。

ただし、この計算に含まれる医療費は、健康保険の対象となる医療費等に限定されています。

したがって、食事代や差額ベッド代、高度先進医療技術などの医療費は対象外となります。

ちなみに、差額ベッド代を誤解している人がよくいますが、差額ベッド代は、患者が差額ベッド代のかかるベッドへの入院を希望していない場合は支払う必要がないので、差別ベッド代のかからない部屋でいいと言えばかかりません。

このように考えてみると、1回や2回の入院で100万円以上の医療賞がかかるケースはごくまれであることからしても、万一のための貯蓄をある程度キープできるのなら、医療保険はあまり必要ないといえるのです。

とはいえ、確率は低いものの、誰しも思いがけない事故などで長期入院が必要となる可能性もあるので、そのような場合に1日5000~1万円の入院給付金が出るような医療保険や医療特約のついた保険(または共済など)1つくらいは入っておくと、それなりに安心できるのではないでしょうか。

<続く>

>>>定期預金高金利キャンペーン比較はこちら

Read More

医療保険への加入しすぎは禁物

fami2

50代になると、少しずつ将来的な健康への不安も高まるのではないかと思われます。

多くの人は医療保険などに加入することで安心を得ようとする傾向がありますが、重要なのは、貯蓄と保険のバランスを考え、保険には加入しすぎないようにすることです。

根本的な話ですが、医療保険に加入した人が支払う保険料の総額と、将来、受け取れる保険金の総額を比較して、保険料よりも多くの保険金を受け取れる人は少ないはずです。

加入者の大半が保険料よりも多くの保険金を受け取れる商品があったとしたら、それはよほど保険会社の運用利回りが高いか、一部の加入者がより多くの保険料負担を強いられているかのどちらかです。

生命保険や損害保険の根本的な仕組みは、確率論上は加入者が損をするようにできているわけです。

もちろん、必ずしも世の中は確率論どおりに動いているわけではありませんし、どんなに罹患率の低い病気にかかったり、確率の低い超長期の入院をしたりしたとしても、その人にとっては確率100%のものに当たってしまったのと同じことになので、保険の必要性を全否定することはできません。

確率論上は不利だからこそ、適切な保険に適切な分だけ加入するというスタンスが重要だと思われます。

2つも3つも医療保険に加入して、手厚い保障が準備できたと安心するくらいなら、保険は1つだけ加入して、あとは貯蓄を増やして万一に備えるほうが賢いといえるでしょう。

<続く>

Read More