個人年金保険の最大のメリット

fami2

個人年金保険は、「定額個人年金保険」と「変額個人年金保険」の2つに大きく分けられます。

「定額」と「変額」の最も大きな違いは、契約時点で将来受け取る年金額が確定しているかしていないかという点にあります。

近年では、特別勘定の運用がうまくいかなくても、年金受取り開始時の年金原資を最低保証するタイプや、将来の受取年金額の合計額を最低保証するタイプなど、さまざまな商品性のものが登場するようになりました。

とはいえ、個人年金保険の最大のメリットは、定期的にお金を受け取っていけるという点です。

リタイア後に安心してお金を使っていくためには、定期的にお金が入ってくるシステムを作るのが有効だと思われます。

そのための商品として最も適しているのが個人年金保険だといっても過言ではないでしょう。

昨今の予定利率の低さからすると運用利回りはあまり期待できませんが、安心して使っていくことが第一目的なら、変額ではなく、定額の個人年金でもまったく問題ないといえるでしょう。

将来のインフレや円安に備えるためのポートフォリオ運用も多少は考えながら、将来の定期的な受取りも考慮したいなら、変額個人年金保険にして、特別勘定のファンドを国内株式や外国債券などで運用しているものに分散して保有するようにすれば、変額年金でもポートフォリオ運用を行う形にはなると思います。

ただし、運用商品という観点で見ると、コスト負担などは個人年金保険よりも一般の投資信託のほうが割安なケースが多いので、あくまでも受取りをメインに考えるべきでしょう。

ちなみに、受取方法にも種類があって、一長一短があります。どの方法がベストかも一概にいえないので、自分のリタイア後の計画に合った方法を選択するようにしましょう。

<続く>

>>>定期預金高金利キャンペーン比較はこちら