個人年金保険は定額がいい?変額がいい?

fami2

個人年金保険は、「定額個人年金保険」と「変額個人年金保険」の2つに大きく分けられます。

「定額」と「変額」の最も大きな違いは、契約時点で将来受け取る年金額が確定しているかしていないかという点にあります。

「定額」の個人年金保険は、原則として契約時点で将来の受取年金額が確定します。将来の契約者配当金の額や、終身年金の場合には亡くなる年齢が前後することなどによってトータルで受け取れる年金額が多少変動することもありますが、基本的には保険証券に記載された年金額を受け取れるようになっています。

一方、「変額」の個人年金保険は、原則として契約時点では将来の受取年金額は確定しません。一般的な商品性の変額個人年金保険は、年金を受け取り始めるまでの運用期間中の運用成績によって受取年金額が増減します。

運用がうまくいけば多くの年金を受け取ることができ、運用がうまくいかないと少ない年金しか受け取れないわけです。

そして、この変額個人年金保険の運用は、通常の生命保険や定額個人年金保険などの資金をまとめて運用している一般勘定とは別に、特別勘定という複数のファンドから契約者が運用方法を選択して行うのが一般的です。

投資信託のようなもので運用しながら、将来その成果を受け取る形になるので、変額個人年金保険は「投資型年金」と呼ばれることもあります。

近年では、特別勘定の運用がうまくいかなくても、年金受取り開始時の年金原資を最低保証するタイプや、将来の受取年金額の合計額を最低保証するタイプなど、さまざまな商品性のものが登場するようになりました。

<続く>

>>>定期預金高金利キャンペーン比較はこちら