医療保険はあまり必要ない

fami2

公的医外保険(健陳保険など)には高額療養費という制度があり、医療費の自己負担が高額にならないように、1か月間の自己負担限度額が決められています。

一般の所得の人なら、月100万円の医療費(窓口負担30万円)がかかっても、自己負担限度額は9万円弱なのです。

窓口で負担した金額との差額は、あとで戻ります(入院・通院とも、事前に届け出れば、窓口負担自体が自己負担限度額までとなる)。

ただし、この計算に含まれる医療費は、健康保険の対象となる医療費等に限定されています。

したがって、食事代や差額ベッド代、高度先進医療技術などの医療費は対象外となります。

ちなみに、差額ベッド代を誤解している人がよくいますが、差額ベッド代は、患者が差額ベッド代のかかるベッドへの入院を希望していない場合は支払う必要がないので、差別ベッド代のかからない部屋でいいと言えばかかりません。

このように考えてみると、1回や2回の入院で100万円以上の医療賞がかかるケースはごくまれであることからしても、万一のための貯蓄をある程度キープできるのなら、医療保険はあまり必要ないといえるのです。

とはいえ、確率は低いものの、誰しも思いがけない事故などで長期入院が必要となる可能性もあるので、そのような場合に1日5000~1万円の入院給付金が出るような医療保険や医療特約のついた保険(または共済など)1つくらいは入っておくと、それなりに安心できるのではないでしょうか。

<続く>

>>>定期預金高金利キャンペーン比較はこちら