国内で最も安全な金融商品

fami2

国債とは、国が必要な資金を調達するために発行する借用証書のようなもので、利払い日に利子が支払われ、満期時に額面金額で償還されるという仕組みになっています。

発行体である日本という国が破綻しない限り元利金が保証されるため、国内で最も安全な金融商品といえます。

さらに個人向け国債とは、個人が購入しやすいよう工夫がこらされた国債です。

主な特徴は、

1.「変動10年」
2.「固定5年」
3.「固定3年」

の3タイプから選べる、毎月募集および発行が行われており1万円から購入できる、一定期間が経過すれば請求に応じて国が買い取る中途換金制度がある、という点です。

1の「変動10年」は、半年ごとに利払いをする際に次の半年間の適用金利を見直す変動金利のタイプです。その適用利率は「10年固定利付国債の金利×0.66」に基づき決定されますが、もし経済環境などにより実勢金利が大きく下がっても、0.05%(年率)の最低金利保証が設定されています。

2、3の「固定5年」と「固定3年」は、発行時の適用金利が満期まで変わらない固定金利のタイプです。

適用利率は市場で取引されている国債の実勢金利から割り引いて決定されますが、こちらも0.05%(年率)の最低金利保証が設定されています。

2、3の固定金利の債券は、今後金利が上昇しても今の低い金利で固定されてしまい、不利になる点に注意が必要です。

一方、1の「変動10年」は購人後に金利が上昇しても、適用利率も連動して上昇します。今後の金利上昇リスクを考えると、変動10年を選ぶのが得策です。

個人向け国債は原則的に、発行から1年経過後は、1年分の利子を放棄することでいつでも換金可能です。最低購入単価は1万円以上1万円単位と買いやすい設定です。いつでも好きな金額で、銀行など最寄りの窓口で購入できるというのも使い勝手のよい点です。

<続く>

>>>定期預金高金利キャンペーン比較はこちら