新窓販国債

fami2

私たちが購入できる国債には、新窓販国債もあります。

新窓販国債は、市場で取引されている利付国債と同じ条件で売買できる債券です。

適用金利(表面利率)はそのときの実勢金利が適用されるので、実勢から割り引かれる個人向け国債の金利よりも高めです。

ただし注意したい点は、新窓販国債の場合、適用金利(表面利率)と実際の利回り(実質利回り)は異なるということです。

そもそも適用金利(表面利率)とは、額面金額(100円)に対する1年分の利子の率を表しますが、一般的な債券は募集される価格が額面価格と必ずしもイコールではありません。

市場で取引されている債券価格は、そのときどきの取引状況によって変動するため、新窓販国債の募集価格も、時価により決定されるのです。

たとえば募集価格が額面金額より高ければ実際の利回りは適用金利より低くなりますし、低ければ適用金利より高くなります。

よって購入を検討するときは、表面利率だけでなく、実際の利回りを確認する必要があるのです。

中途換金はいつでも可能ですが、換金時の売却価格は、そのときの実勢価格となります。

そのため、市場金利が上昇してきてから満期前に売却すると、それまで受け取った利子相当分以上の売却損が生じる可能性があります。

<続く>

>>>定期預金高金利キャンペーン比較はこちら