確定拠出年金は魅力がいっぱい!加入しないのはもったいない?

fami2

確定拠出型の企業年金の制度である確定拠出年金制度(DC)には、掛金の負担者の違いによって「企業型」と「個人型」の2つがあります。

企業型は、DCを導入した企業が従業員のために掛金を負担します。

ただし、マッチング拠出によって従業員が掛金を上乗せできる場合があるほか、最近では従業員の給与の一部を従業員の選択によってDCの掛金に充当できる選択制のDC制度を導入する企業も増えています。

個人型は、DCを利用したい個人が自分で負担します。

勤めている会社がDCを導入した場合は企業型の加入者となり、勤務先がDCなどの企業年金(確定給付型のDBも含む)を行っていない場合や自営業者の場合は、個人型の加入者となることができますが、公務員や専業主婦は加入できません。

掛金の上限額は加入のタイプごとに設定されています。企業型DCの場合、他の企業年金もある会社は月額2.55万円まで、他の企業年金がない会社だと月額5.1万円までとなっています。

個人型DCの場合は、自営業者等が国民年金基金の掛金と合算して月額6.8万円まで、会社員は2.3万円までとなっています。

掛金には税制面で大きな優遇措置があります。企業型DCの場合、掛金全額が給与扱いとならないので、社会保険料や税金(合計で20%前後)がかからなくなります。

個人型DCの場合は、掛金全額が所得控除となります。さらに、運用して得られた利益や利息に対する税金(20.315%)がかからなかったり、将来の受取り時も公的年金や退職金と同様の優遇が受けられたりするので、税制面では圧倒的に有利な制度だといえます。

<続く>