NISAの比ではない!確定拠出年金の節税効果

fami2

確定拠出年金(DC)の税制優遇は非常に大きなものとなっています。

その優遇のスケールは、NISA(少額投資非課税制度)をはるかに上回っています。

NISAは、年間100万円までの投資元本から得られる利益が5年間(ロールオーバーすれば最長10年間)非課税になるというものにすぎません。

毎年100万円ずつ投資をしたとして上限500万円までの元本でしか非課税投資ができません。

また、一度売却してしまうと、同じ非課税枠は二度と使えなくなります。

一方DCは、掛金に対する優遇、運用益非課税、受取り時の優遇といったように、拠出時・運用時・給付時それぞれに優遇が受けられる手厚い制度になっているのです。

これらの優遇措置を単純に利回り換算するのは困難ですが、個人型の場合で掛金の全額が所得控除になるということは、毎月1万円の掛金で年間12万円分の所得を減らすことになるので、所得税率が10%なら1.2万円、税率が20%なら2.4万円の所得税の負担軽減になるのです。

掛金に対して所得税率分の分配金が受けられるようなものだと考えると、自分で普通に資産運用をする場合と比べて、税制面では圧倒的に有利です。

<続く>